オアシスからのニュースレター 2013.8

『この世界と私たち人類の始まりは?』

 

星野 弘治

この世界はどのようにしてはじまったか

まだ何もない時に、尊厳と畏敬の思いをもってあがめられるべき全知全能なる方が天と地、すなわち、存在するすべてのものを創造されたのでした。
さて、はじめ地球はまだ形がさだまらず混沌としており、やみにおおわれた水の上を、その創造主と呼ばれるべき方の御霊がちょうどめんどりが翼を広げてひなをおおうように覆っておられた。その創造主なる方は「光よ、輝きいでよ。」と命じられた。すると、光が輝き出た。創造主なる方はこれを見て、良しとされた。そして、光と闇を分け、光を「昼」と名づけ、闇を「夜」と名づけられた。夕となり、朝となった。第1日目の出来事。
次いで、その創造主なる方は「空間よ。水と水の間にあれ。そして水と水の間に空間があって区別があるように。」と命じられた。こうして創造主なる方は、おおせられた通りに空間を造り、空間の下にある水と空間の上にある水とを区別された。そして、その空間を「空」と名づけられた。夕となり、朝となった。第2日目の出来事。

植物を種類に従って 

次いでその創造主なる方は命じられた、「空の下の水は一つ所に集まれ。かわいた所があらわれよ。」と。するとそのようになった。創造主なる方は、そのかわいた所を「陸地」と名づけられ、水の集まった所を「海」と名づけられた。創造主なる方はこれをご覧になり、良しとされた。次いで、創造主なる方は「陸地は植物を生えさせよ。その種類に従って種のある草と、種のある実をつける木とを陸地に生えさせよ。」と命じられた。すると、そのようになった。このように、創造主なる方は陸地に種類に従って種のある草と、その種類に従って種のある実をつける木を生えさせた。創造主なる方はご覧なり、それを良しとされた。夕となり、朝となった。第3日目の出来事。

すべての生物も種類に従って

創造主なる方は続けて命じられた、「空に光が輝き、その光で昼と夜の区別、季節の変化、日や年の区別に役立てよ。」と。すると、そのようになった。このようにして、太陽と月、無数の星が造られたのが創造の4日目の出来事。こうして、すべての生物が生きていける環境が整ったので、次の5日目、6日目にすべての生き物を種類に従って創造された。

人間の創造

このように天地万物を創造された最後に、創造主なる方はおおせられた。「さあ、われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。」と。こうして、私たち人間が住める最高の環境が整ったとき、創造主はご自分のかたちに私たち人間を造られたのでした。すなわち、ご自分が霊的存在であるように人間も霊的存在として、そしてご自分が人格的存在であるように、人間も人格的存在として創造されたのでした。そこには、私たち人間は創造主と霊的人格的な交わりを持つようにとの創造主の意図がうかがわれます
聖書の証言から、この世界も、私たち人間も意図をもって創造されたことが分かります。

聖書のことば  

「目を上げて天を見つめ、だれがこれらのものを造られたかを悟れよ。」(私訳)