牧師紹介

高野 基史 (たかの もとし)


1984年福島県伊達市生まれ。
尚絅(しょうけい)学院大学、Nipawin Bible College(カナダ)、 新潟聖書学院にて学ぶ。


牧師である父親のもと、日曜日の教会だけでなく毎日家でも礼拝するという、日本ではごく稀なクリスチャン家庭で育つ。しかし成長するにつれ、様々な疑問や周囲への引け目を感じ、「牧師にだけはなりたくない」と固く決心する。
両親や教会に反抗し、中高生時代を「謳歌」した結果、大学受験に失敗。 浪人生だった18歳の時、三浦綾子の自叙伝「道ありき」と出会う。 彼女と夫がキリストとともに歩む人生に感銘を受け、教会に戻る。
その後キリストを信じ、23歳で受洗。 2011年3月の東日本大震災で再び人生の転機が訪れる。 被災者の苦しみや悲しみに対する自分の無力さにさいなまされながらも、キリストの愛を伝えたいと強く願うように。 神様の導きにより幼い頃の決心から一転、父親と同じ牧師への道を歩み始める。

 

2017年4月、伝道師として当教会に着任。

2019年6月30日、按手を受け当教会の牧師に就任。


”わたし(イエス・キリスト)が道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければだれひとり父のみもとにくることはありません。”
(ヨハネの福音書14章6節 新改訳 より)


趣味はカメラ、釣り、大工仕事、カホン作り、車中泊、 そして笑うこと!
ラーメンとお寿司が大好き。